肌のしわ

Webから
お問合わせ

肌のしわについて

肌のしわとは

しわは皮膚のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが痛み、現状することでできます。特にコラーゲンは繊維状の物質で皮膚の真皮層でネットワークを作り、肌の弾力を保っていきます。加齢により真皮層の繊維芽細胞によるコラーゲン、エラスチンの産生量が少なくなり、真皮層の代謝が低下すると膠原繊維の束が不均一となり、ハリを失った皮膚が陥凹し、しわになります。また、紫外線によって繊維層がダメージを受け、弾力を失うことによってもしわになります。

肌のしわの種類

一般的にしわは3つに分類されます。表皮が乾燥して一時的にできるしわは「乾燥しわ」と呼ばれています。目尻にできるしわは「小じわ」と呼ばれ、表皮に食い込んでいる真皮乳頭層が失われ、萎縮した皮膚になり起こります。安静時や伸展しても消失せず、無理に伸展して初めて消えるものは、真皮に至っていることから「真皮性しわ」とも呼ばれます。しわがさらに深くなると目や口のまわり、輪郭などに大きなしわができます。これは「大じわ」あるいは、「老人性しわ」と呼ばれ、加齢により膠原繊維、弾性繊維、細胞間基質の全てが減少して生じます。さらに紫外線のダメージなども加わり、真皮網状層が変化し、膠原繊維束の走向が不均一となり、皮膚の重力を支えきれなくなり生じます。

肌のしわの原因

皮膚の乾燥、紫外線などにより繊維層がダメージを受け弾力が失われることにより、しわになります。内的な要因では、加齢により真皮層の繊維芽細胞によるコラーゲン、エラスチンの産生量の低下や真皮層の代謝の低下により発生します。また、しわができる顔の部分によっては内臓のトラブルも関係しています。例えば顔の側面のしわは肝機能低下によって血流が悪くなっていることに起因します。法令線のような口周りのしわは、胃腸に問題があります。胃腸が冷えて水分の処理がうまくいかなくなると皮膚の下に水分が停滞し皮膚の表面は乾燥してくるので、肌の潤いが失われてしわの原因になります。

肌のしわの治療方法

美容はりで皮下に直接刺激を加えることで、細胞や組織が活性化され、コラーゲンやエラスチンを自ら作り出す力が上がるため、しわの溝が埋められていきます。また、同時に全身治療も行うため、内臓の働きも改善されていくので体内エネルギーとなる「気と血」の流れが促進され、肌のトラブルが改善されます。

肌のしわの予防方法

基礎的なことですが、睡眠時間をしっかりとり、規則正しい生活を心がけること。紫外線対策や保湿など、日々の生活の中でもできることを毎日続けてください。美容はりの効果が上がり、しわの改善、肌の代謝向上につながります。また、施術後の状態維持のためセルフマッサージを指導しています。簡単な方法で毎日続けられることです。


Webお問合わせ

電話する
TOP