肌のシミ

Webから
お問合わせ

肌のシミについて

肌のシミとは

紫外線、また女性ホルモンの乱れや過度なストレスがあるとこれらがメラノサイト(色素細胞)を活性化し、メラニンを過剰に分泌した後、皮層表面に褐色の色素沈着を起こしたものをシミといいます。

肌のシミの種類

シミの中でも最も多く紫外線の影響で起こる「老人性色素斑」、左右対称にでき広い面積を持つ「肝斑」、老人色素斑と混在したりイボのように盛り上がってできた「脂漏性角化症」、急激に日焼けをした時にできる「光線性花弁状色素斑」、炎症の後に起こるシミでニキビや傷痕に多くターンオーバーによって軽減される「炎症性色素沈着」、遺伝的要因が関与する小さいシミで10代からでき始めるのが特徴の「雀卵斑(そばかす)」などがあります。

肌のシミの原因

シミの主な原因は長時間または強い紫外線に当たったことによるものが多いと考えられています。それ以外にも妊娠、出産、ピル服用中、生理不順、更年期などによるホルモンバランスや自律神経系が乱れたり生活環境の乱れがストレスなども要因の一つとして挙げられます。また肌の廊下や疲労が蓄積して新陳代謝が低下したり血行不良によるものもあります。機械的、物理的な刺激、例えばニキビ、傷、湿疹、炎症などによるものや合わない化粧品の使用によってできることもあります。

肌のシミの治療方法

顔の局所とともに全身もはりで刺激していきます。血液循環を改善し、内臓の働きを活性化させることで皮膚の新陳代謝を高めます。はり刺激によりホルモンバランスや自律神経の乱れを正すことにより、肌の状態を保ち代謝を促進させていきます。

肌のシミの予防方法

一番の要因である紫外線を避けること。日焼け止めの使用や長袖の着用、帽子やサングラスを使用するなどして対策が重要です。肌は一年を通して紫外線の影響を受けているため日差しの強い夏だけでなく、毎日の対策を心がけましょう。また、紫外線によって引き起こされる活性酸素の抑制効果があるビタミンEの摂取、ビタミンCにもメラニン合成の家庭で働く酵素の働きをブロックし、メラニン色素の沈着を抑える効果があるので積極的に摂取すると良いでしょう。逆にタバコはビタミンCを破壊するため、なるべく控えるか禁煙を心がけることが大切です。


Webお問合わせ

電話する
TOP