肌のたるみ

Webから
お問合わせ

肌のたるみについて

肌のたるみとは

たるみは皮膚の余剰脂肪組織の萎縮および下垂、筋肉の収縮や拘縮などの加齢による変化が大きく関わっている。たるみは皮膚のシワや溝または隆起や陥凹など変形をきたした部分に表情筋の収縮による力や重力または筋腱・靭帯などの組織が拘縮する力がかかって発生する。

肌のたるみの種類

  • 加齢惟眼瞼下垂
    上眼瞼皮膚の余剰(まぶたのたるみ)、眼瞼拳上筋腱膜が断裂、または伸展し、眼瞼が下垂して起こる
  • 下眼瞼下垂
    目の下のたるみ
  • 頬骨脂肪体の下垂によるたるみ
  • 大・小頬骨筋、上唇拳筋の収縮や老化によるほうれい線
  • 口角下制筋の収縮拘縮によるたるみ(マリオネットライン)

肌のたるみの原因

表情筋を使ってよく動く目、頬、口の周りを中心に発達する。加齢により頬骨脂肪体、頬脂肪体、眼輪筋下脂肪体からが萎縮し下垂することにより、これらを支持している靭帯が索引されてたるむ。また、皮膚の表皮を下から支えている真皮を構成しているコラーゲンやエラスチンなどの繊維の配列が紫外線の刺激で損傷を受けたり、コラーゲンやセラシドの保湿成分の産生量が低下し、保湿力も低下していくことで皮膚のたるみが起こる。加齢による損傷部位への修復力の低下もある。

肌のたるみの治療方法

顔への刺鍼による筋肉に対する治療で、力源を減弱する。皮膚の繊維に対してマイクロトラウマを作り、細胞修復機能を賦活化させて、作用点の皮膚が折れたり変形しないように改善していく。筋肉が拘縮萎縮している部分は湯法を用い、筋肉が弱化しているところには補法を用いるなど筋肉のバランステクニックを行うことにより改善している。

肌のたるみの予防方法

紫外線対策をとる
皮膚のハリに関与してるコラーゲンやエラスチンなどの層を埋めている基質の配列の崩壊を防ぐ。
保湿力を上げる
皮膚の外側から保湿を助ける化粧品をつける。

たるみはストレスや食事バランス、体質的要素などで左右されるため規則正しい生活を意識する。また下肢の筋肉運動など適度な運動も必要となる。


Webお問合わせ

電話する
TOP