婦人科疾患

Webから
お問合わせ

婦人科疾患について

婦人科疾患とは

生理不順

生理は視床下部 – 下垂体 – 卵巣系に関わる多因子による内分泌の調節機能や子宮内膜の周期的な変化によって発来し、正常な流出路を経て生理と認識されます。これらの各部位の障害によって生理不順が生じる。生理不順には ①無月経②月経周期の異常③月経の持続日数の異常および量の異常④初経に関する異常⑤閉経に関する異常⑥月経随伴症状の異常がある。

過呼吸

婦人科疾患に関する症状として稀に過呼吸があります。多くは生理が始まる前に発症する。過呼吸は正式名称を「過換気症候群」といい、過換気とは呼吸が深く早くなることをいいます。それにより血中の二酸化炭素が排出され、血液がアルカリ性に傾き、さまざまな症状を引き起こす。

婦人科疾患の原因

生理不順

日常のストレスや飲みすぎ食べすぎ、慢性的な疲労、冷え等により卵巣機能が低下することによって起こる。また、子宮筋腫や子宮内膜症に続発する場合もある。

過呼吸

婦人科疾患に関する症状として稀に過呼吸があります。多くは生理が始まる前に発症する。過呼吸は正式名称を「過換気症候群」といい、過換気とは呼吸が深く早くなることをいいます。それにより血中の二酸化炭素が排出され、血液がアルカリ性に傾き、さまざまな症状を引き起こす。

婦人科疾患の症状

生理不順

月経の周囲。頻度・量などに異常がある。下腹部痛や腰痛を伴うことがある。また乳房が張って痛くなったり、吐き気や嘔吐、頭痛、めまい、耳鳴り、全身倦怠、不安、イライラ等の症状が同時に発症することもある。

過呼吸

呼吸が速く浅くなり、息苦しくなる。しびれや痙攣、意識障害が現れることもある。

婦人科疾患の治療方法

自律神経や内分泌系の機能が調整し、諸症状を改善・予防する。下腹部。腰部・仙骨部などで圧痛・硬結などの反応がみられる経穴や反応的にはりをしたり、お灸をしたりする。東洋医学の考え方では生理を起こすのは身体の中にある脾、腎、任脈と呼ばれる臓器や気や血を流す経路の働きによるものである。これらの臓器・経路の働きが弱っていたり、強すぎたり、または外的な要因(ストレスや冷え等)によって弱らせられたりしている場所をはりやお灸を使って補ったり、瀉したりすることにより治療する。生理不順に伴う過呼吸に関しては、生理不順が治ることにより改善する。はり灸で自律神経を調整することで呼吸を落ち着かせる。

婦人科疾患の予防方法

睡眠や運動、食事のバランスを取ることでストレスためすぎない生活を心得ること。足首や下腹部を冷やさないことが大切である。特に足首の内側には「三陰交」という女性器疾患には欠かせないツボがあり、足が冷えると感じる人は足首の内側を温めると良い。


Webお問合わせ

電話する
TOP