肌のくすみ

Webから
お問合わせ

肌のくすみについて

肌のくすみとは

くすみは新陳代謝が低下し、角質の水分量の低下、真皮層の血行不良、メラニンの沈着などにより皮層の明度や透明感が低下した状態である。

肌のくすみの種類

顔全体または、眼の周りや頬などの部位に生じ、肌の赤みが黄みが増したもの。肌の艶や透明感が減少したり、皮層表面の凹凸などによる影によって明度が低下して暗く見える状態で、境界は不明瞭である。

肌のくすみの原因

  • 加齢に伴う皮膚の黄色化
  • びまん性はメラニンの沈着
  • 血行不良による肌色の赤みが低下
  • 角質の肥厚などによる透明性の低下
  • 皮層表面での乱反射による艶の低下
  • 皮層の弾力が低下することにより生ずる皮層表面の凹凸によるもの

肌のくすみの治療方法

血行が良ければ肌が艶やかなので光が当たると反射する。そういう人はくすんでみえない。血行が悪くて代謝が落ちている肌だと光が当たっても反射率は下がるのでくすんでみえる。角質の水分代謝と真皮層の血行不良をはりで解決する。

肌のくすみの予防方法

くすみは顔の色と艶が問題となるトラブルで、局所や全身の血行不良や新陳代謝の低下が原因となっている。日頃から全身運動や充分な睡眠、そしてバランスのとれた食事を摂るなど規則正しい生活を心がける。


Webお問合わせ

電話する
TOP