膀胱炎

Webから
お問合わせ

膀胱炎について

膀胱炎とは

膀胱粘膜と粘膜下組織が炎症を起こす疾患で、多くは急性細菌性膀胱炎ですが特殊なものとしてウイルス性膀胱炎、薬物性膀胱炎、放射線膀胱炎、間質性膀胱炎などがあります。女性に多く、女性の半数が生涯に1〜2度かかるといわれます。男性では基礎疾患がなければ滅多にみられません。

膀胱炎の原因

大腸菌をはじめとするグラム陰性桿菌が外陰部から尿道を経由し、上行性に感染して発症する急性単純性膀胱炎はよくみられます。膀胱癌、膀胱結石、神経因性膀胱(排尿を司る神経もしくは中枢が障害され、膀胱の機能障害を生じた状態)、男性にみられる前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄、女性にみられる尿道憩室(尿道の一部が弱く、嚢状に拡張したもの)などの基礎疾患があると再発しやすく、かつ難治性の膀胱炎になりやすいです。基礎疾患のない単純性膀胱炎では原因不明と言われており、ストレスや疲労によりなりやすです。

膀胱炎の症状

頻尿、排尿痛、残尿感、尿混濁、血尿などです。発熱を伴う場合、急性腎盂腎炎を疑います。

膀胱炎の治療方法

陰基背神経刺激として、恥骨上縁の曲骨や横骨付近から恥骨の裏を滑らせるように膀胱との間に刺鍼(「膀胱刺」)し、男性には前立腺の近くまでアプローチする。急性単純性膀胱炎の女性(冷えている人が多い)には、中胱・関元などにお灸します。主に全身状態の改善、下腹部の自覚症状(張りや冷え)の軽減を狙った灸アプローチをしていきます。

膀胱炎の予防方法

排尿を我慢しないようにしましょう。また、温かくしましょう。


Webお問合わせ

電話する
TOP