ストレートネック

Webから
お問合わせ

ストレートネックについて

ストレートネックとは

人間の背骨は頚椎(首の骨)は7個、胸椎(背中の骨)が12個、腰椎(腰の骨)が5個で構成されています。そのうち、頸椎と腰椎を合わせた12個は前へ緩やかなカーブ、胸椎は後ろへ緩やかなカーブで、その12対12で拮抗したバランスをとっています。そのバランスは筋肉で支えられて成り立っています。ストレートネックは、頚椎のこの「緩やかなカーブ」が失われてしまった状態のことを指します。そして、頚椎のカーブが失われると、頚椎のクッション機能が低下して、頭の重みが直に頚椎にかかってくることになるのです。人間の頭は大変重いので、このクッション性の低下は非常に大きな過重負荷を首に与えることになります。その負荷は頭が2センチ前へ出るだけで約2倍になるとされ、4センチ前に出ると5倍もの負荷がかかるとされています。

ストレートネックの原因

ストレートネックが増加している原因としては次の3つが挙げられます。
・座る時間が長くなっている。
・パソコン・スマホなどの使用による前傾姿勢が多くなっている。
・姿勢の悪化や筋バランスの悪化
共通するのは「頭を前に垂らしたうつむき姿勢」になりやすいということです。いずれもパソコンを使って長時間仕事をしたり仕事をしていなくてもスマホを触っている時間が増えている日常を思い起こせば思い当たるのではないでしょうか。しかも最近はパソコンやスマホに対する依存度がどんどん高くなってきていますので、社会的にもこのストレートネックは増加傾向にあるといえるでしょう。

ストレートネックの症状

ストレートネックになったということは、バランスをとっている頚椎・腰椎と胸椎の拮抗がバランスを失っている状態ですから背骨全体のカーブが崩れているといっても良いでしょう。そのため首や肩ばかりではなく、背中や腰まで影響を与えています。症状としては肩こり、首こり、首痛、肩痛、首が回らない、手や腕に痺れ、手先の麻痺感、腕が上がらないなどの症状から、頭痛、めまい、耳鳴り、目のかすみや渇き、顔や首の痺れ、自律神経失調症、うつ傾向など非常に多岐に渡ります。

ストレートネックの治療方法

当院では頚椎、胸椎、腰椎に対しての背骨矯正や、一人ひとりの特にお辛い症状に対して整体、骨盤矯正、カイロプラクティック、はり灸治療など様々な方向からアプローチをし、ストレートネックの原因や症状に対して治療を行います。

ストレートネックの予防方法

ストレートネックを進ませる最大の原因は「頭を前に垂らしたうつむき姿勢」であるため、正しい姿勢を意識することが大切です。そのポイントとしては「頭を後ろに引くこと」と「体重の7割程度を後ろ寄りにかけること」です。ただ現実は四六時中正しい姿勢をキープすることは難しいものですので、本を読んでいるとき、パソコンやスマホを使用しているときなど、少し意識を変えるだけでもストレートネックの予防と治療の効果を発揮することになります。


Webお問合わせ

電話する
TOP