外側上顆炎

Webから
お問合わせ

外側上顆炎について

外側上顆炎とは

肘の外側に痛みを発生させ、テニス肘やスマホ肘と言われています。

外側上顆炎の原因

中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。主に短撓側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。この短撓側手根伸筋は手首を伸ばす働きをしています。

外側上顆炎の症状

ものを掴んで持ち上げる動作やタオルを絞る動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。

外側上顆炎の治療方法

急性期には、炎症を取り除くためにアイシングや湿布をし患部の安静を保つために包帯もしくはテーピングなどで固定しを施し、経過を見ながら超音波、手技療法、運動療法、ストレッチを施していきます。早期にスポーツに復帰するためにはキネシオロジーテーピングが有効的です。

外側上顆炎の予防方法

スポーツ後のケアが何よりも大切です。一般的にはあまり大切にされていない運動後のストレッチやアイシングをすることによって予防できます。


Webお問合わせ

電話する
TOP