疲労骨折

Webから
お問合わせ

疲労骨折について

疲労骨折とは

一度では骨折に至らない程度の外力が骨の周王いつ部位に繰り返し加わることにより発生する。

1.中足骨
2.脛骨(すね)
3.腓骨(すねの横の骨)
4.肋骨
に起こりやすい

疲労骨折の原因

負荷の持続(跳躍や長時間の疾走)
衝撃吸収力に欠ける靴や用具および装具の使用
骨密度の低下(特に女性は無月経で骨密度が低下しやすい)(骨粗鬆症)

疲労骨折の症状

典型的な初期症状は運動中の痛みで運動を止めると消失する特徴があります。症状が進行すると痛みの発現が次第に早まると共に常に運動を妨げる程度の痛みを生じ体重がかかっていない状態でも痛みが持続します。

疲労骨折の治療方法

アイシング、泥シップ、プライトン固定による安静を用いた炎症の除去。超音波治療器を用いての治療の促進。

疲労骨折の予防方法

・運動ごのアイシング、運動前後のストレッチ。
・クッション性の高い靴を履く
・運動の中止。1~2週間の安静


Webお問合わせ

電話する
TOP