シンスプリント

Webから
お問合わせ

シンスプリント

シンスプリントとは

走った後に下腿の内側が痛くなる、疲労による骨膜周辺に炎症を起こす疾患です。

シンスプリントの原因

ランニングなどによるオーバーユーズによるものですが、足部のアライメント異常(扁平足やハイアーチなど)による下腿筋の過度の伸張や負荷の繰り返しの刺激によって起こります。

シンスプリントの症状

脛の痛み、ランニング時の立脚期後半の痛み、片足ジャンプ踏切時の痛みがありますが、重症化すると着地時の痛みが出現します。

シンスプリントの治療方法

アイシング、下腿後側筋群の緊張緩和、ストレッチング、股関節・膝関節・足関節の可動域拡大や足部のアライメント調整などを行い、患部の負荷を減らしていきます。

シンスプリントの予防方法

症状が出たら先ずは運動を制限すること。足音が鳴らないように着地するソフトランニングを心掛ける。クッション性の高いシューズを選び、芝生などのやわらかい場所を走るなど環境を考慮しましょう。


Webお問合わせ

電話する
TOP