肋骨骨折

Webから
お問合わせ

肋骨骨折について

肋骨骨折とは

体幹を左右に12本ずつある肋骨の骨折である。特に7番目の骨折が多く発生します。

肋骨骨折の原因

直達外力の場合

墜落や衝撃によるもの

介達外力の場合

胸部の前後や左右など2方向から圧迫され起こる。また過激な筋収縮(咳、くしゃみ、ゴルフのスウィング)で発生します。

肋骨骨折の症状

患部の痛み、特に深呼吸、咳、くしゃみで顕著。骨折部位に手を当てて深呼吸したり体幹を動かす時、軋轢音を感じる事があります。

肋骨骨折の治療方法

当院では、レントゲンでは確認しずらい助骨骨折をエコー検査により判断し、テーピングや包帯による固定やサポーター(バストバンド)を装着させ超音波治療での治癒促進を行います。

肋骨骨折の予防方法

ケガをしない事が一番です。
お風呂のヘリに肋骨を強く押し当てて痛める事もあるので、肋骨を強く押し付ける事を避けましょう。


Webお問合わせ

電話する
TOP