オスグッド病

Webから
お問合わせ

オスグッド病について

オスグッド病とは

足の骨端症の1つで、脛骨上部(膝のお皿の下)が痛む疾患です。

オスグッド病の原因

大体の10~15歳くらいの成長期のスポーツをしている子に見られ大腿四頭筋(太腿の前側の筋肉)の牽引力(引っ張られる力)によって発生します。特にスプリント競技やバスケット、バレーなどジャンプを多用する競技をしている子に多く見られます。

オスグッド病の症状

痛みや腫れなどの炎症症状を引き起こし重症になると歩行もつらくなります。外見と本人の痛みが合わない事も多く。
他人にわかってもらえない事も。

オスグッド病の治療方法

上記のように他人からは軽視される事が多いのでオズグッド患者がスポーツをする上で心理的な負担が大きくなる事がありますが治すためには『安静』がまず必要となってきますのでその説明を第一にしていきます。それからアイシング、筋の柔軟性の向上テーピングなどでの固定、補助を行います。

オスグッド病の予防方法

成長期は骨の成長に見合う筋肉の柔軟性が必要になっていきます。日頃から姿勢に気を付けストレッチの習慣を身に付けましょう。スポーツ後など膝に違和感や痛みを感じたら炎症をくいとめましょう。


Webお問合わせ

電話する
TOP