ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

Webから
お問合わせ

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)について

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)とは

主にジャンプや着地、またキックやダッシュといった動作(膝の曲げ伸ばし)を繰り返す方に生じる事が多い。使い過ぎ(オーバーユーズ)による損傷(疲労性損傷)です。膝蓄靱帯の微小な損傷から炎症を起こし、靱帯断裂を招くこともあります。

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)の原因

バレーボールやバスケットボール、走幅跳び、走り高跳び、サッカー、野球、ウェイトリフティングなどを行う。主に成長期で高身長の方に起こりやすい損傷です。骨の成長と筋肉の成長のアンバランス(筋肉の成長が追いついていない)による筋の相対的短縮(柔軟性の問題)が発症要員の一つとされます。

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)の症状

自発痛、運動痛、限局性圧痛、運動制限などが挙げられます。痛みの程度は3段階に分けられます。

軽度

運動は普段通りにできて、運動後に痛みが生じます。

中等度

運動は出来ますが、運動中と運動後に痛みが生じます。

重度

日常生活でも傷みを覚え、普段通りに運動できません。

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)の治療方法

湿布、包帯固定、必要に応じてテーピングを行います。患部の安静を保つとともに、ストレッチやウォーミングアップを入念に行い、運動後にはアイシングなどを行います。重度なものでは、運動を中止します。

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)の予防方法

大腿の前面に付着している大腿四頭筋入念なストレッチング、スポーツ前の入念なウォーミングアップが大切です。また底が厚めのシューズの使用も効果があります。


Webお問合わせ

電話する
TOP