外傷後の関節の拘縮

Webから
お問合わせ

外傷後の関節の拘縮について

外傷後の関節の拘縮とは

関節を直接構成する組織以外の関節包、筋、皮膚などの軟部組織が萎縮や収縮し関節面以外で癒着を起こし関節可動域が制限されたもの。

外傷後の関節の拘縮の原因

筋肉や腱、靭帯が影響するもの皮膚などの関節周囲の軟部組織から起こるもの軟骨や関節包など関節性のものとそれぞれが関節拘縮を引き起こします。拘縮になる1番の理由は関節運動の減少、不動によるものとされています。

外傷後の関節の拘縮の症状

関節可動域での運動制限され、可動域での痛みや、動かさない事による筋力の低下、循環不良による浮種などが挙げられます。

外傷後の関節の拘縮の治療方法

拘縮の治療には長期の時間を要する事が多くなってしまうのでなるべく予防に取り組みたいところです。当院としては、超音波や手技療法をメインに拘縮予防をして他動運動とポジショニングを意識しながらの他動運動は、関節の各運動方向へゆっくりと疼痛のない範囲で最大限に動かします。関節の転がりや、滑走性といった関節包内運動を意識しながら愛護的に行なって、もし痛みが出るようであれば炎症や浮腫(ふしゅ)が起こっている可能性があり、結果として関節高速を助長してします事が考えられるため慎重な施術を心がけております。

外傷後の関節の拘縮の予防方法

最近騒がれているロコモティブシンドロームなど関節や筋肉を動かさないことによって起こる障害で全身の健康を損なう恐れがあります。簡単な予防としてはとにかく全身を動かして行くしかありません。ですが近年運動を週間にしている人は多くなっていますがより多くの方が運動習慣をつけてもらえたらと思っております。


Webお問合わせ

電話する
TOP