打撲

Webから
お問合わせ

打撲について

打撲とは

からだをぶつけたりした際の皮下組織の損傷を打撲(打ち身)といいます。

打撲の原因

からだをぶつけたり打たれた際に起こります。

打撲の症状

損傷を受けた部分が痛み赤くなって腫れます。皮下出血(内出血)をおこすことが多いのですが、外傷直後にははっきりせず、 1日から数日してクラ紫色となってわかることがよくあります。

打撲の治療方法

主に患部のアイシング、シップ、包帯による圧迫固定テーピングを行います。

打撲の予防方法

予防は無いのですが固いものにからだをぶつけて痛みや腫れが見られるようでしたら、冷やし安静にすることである程度の改善はみられますが、打撲以外に骨折などしている場合もありますので、当院にご相談ください。


Webお問合わせ

電話する
TOP