下駄骨折

Webから
お問合わせ

下駄骨折について

下駄骨折とは

足の第5中足骨基底部剥離骨折の通称です。

下駄骨折の原因

足を踏み外したりした時に足首を内側に捻り負傷します。

下駄骨折の症状

患部の痛みにより歩行が困難になります。(足の小指側)他に腫れ、内出血、熱感の症状が出現します。

下駄骨折の治療方法

まずは徒手検査、エコー検査をし骨折と捻挫の判別をしていきます。
骨折があった場合、整復(折れた骨を合わせる)し、足首が動かないようギプスシーネで約4週間固定をして行きます。

下駄骨折の予防方法

足首を捻ることにより負傷する骨折なので足元に注意。特に歩きづらい靴を履いてる時は要注意です。


Webお問合わせ

電話する
TOP