ボクサー骨折

Webから
お問合わせ

ボクサー骨折について

ボクサー骨折とは

またはパンチ骨折ともいう。中手骨頸部骨折である。この骨折はしばしば高度の機能障害を残す事がある。

ボクサー骨折の原因

手を軽く握って強打することによって発生する事が多く通常第4・5中手骨に頻度が高い。

ボクサー骨折の症状

外力の作用と骨間筋および虫様筋の作用jにより骨折部は背側凸の変形を示す。

ボクサー骨折の治療方法

整復法

①手関節を軽度伸展(背屈)位で保持固定させる。
②患者を中手指節関節で直角に屈曲する。
③中手骨長軸抹消方向に牽引しつつ遠位骨折を背側に突き上げる
④一方の手で背側凸の近位骨折端に圧迫を加えて整復する。

固定法

①手関節軽度伸展(背屈)くらい、MP関節(40~70°)屈曲位、IP関節軽度屈曲位
②前腕した1/3部より指尖に至る副子を当て固定
③固定期間は約3~5週間

後療法

損傷された指に対しては3週目頃より自動運動を開始し、4周目頃から固定を除去し、徐々に指を使用させながら機能回復を図る。

ボクサー骨折の予防方法

握りこぶしで壁を殴ったり、喧嘩をしない事。


Webお問合わせ

電話する
TOP