脊椎分離症・すべり症

Webから
お問合わせ

脊椎分離症・すべり症について

脊椎分離症・すべり症とは

別名:椎弓分離症という。脊椎の上関節突起と下関節突起の間の狭い部分が分離した状態をいい、さらに上位椎体が下位椎体に対して前方に動いた状態を脊椎分離すべり症という。

脊椎分離症・すべり症の原因

明らかな原因は不明だが加齢や長期間同一部位に負荷をかけることによるものではないかと言われている。なお、10代の激しいスポーツをする学生に好発します。例えば、野球部や陸上部の学生が十分な休息をしないで運動を続け、椎体の疲労骨折をしてしまい起こるケースがあります。

脊椎分離症・すべり症の症状

腰痛・下肢の痛み・しびれ

脊椎分離症・すべり症の治療方法

一定期間コルセット・腰ベルト等で固定をして、椎体の回復を促します。提携している整形外科と連携してレントゲン検査なども行います。

脊椎分離症・すべり症の予防方法

激しい運動をした後、腰や背部に痛みがあったらしっかりと休むことが大切です。日常に腰回りのストレッチをすることも効果的です。


Webお問合わせ

電話する
TOP