坐骨神経痛

Webから
お問合わせ

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは

神経痛は痛みが起きる場所によって名前が付けられています。坐骨神経痛は体を動かした時にお尻やふとももの後面、ふくらはぎに鋭い痛みが走ります。

坐骨神経痛の原因

原因のほとんどが腰椎間板ヘルニアで、坐骨神経の神経椎がヘルニアに触れ腰を動かすたびに刺激を受けて痛みが起きます。坐骨神経はおしりや梨状筋を通って足の先の方に通っていますが、梨状筋に何らかの問題がおこり神経を圧迫して痛み、しびれの出るケースもあります。

坐骨神経痛の症状

神経は脳から体の隅々まで伝える通信網ですが、脳の椎間板が中枢神経となり、中枢神経から全身に伸びる部分が末端神経となります。末端神経は中枢神経に情報を送ったり受けとったりする役割がありますが、何らかの刺激を受け、神経の走行に沿って激しい痛みが起きるのが神経痛です。

坐骨神経痛の治療方法

神経痛は、それぞれの痛みの原因と症状をしっかりと確認したうえで、カイロ・指圧などの手技療法やはり灸など各専門の先生が適切な治療法を選択します。自然治癒力を促すための治療法となります。

坐骨神経痛の予防方法

サポーターをつけて痛みを和らげたり、ストレッチ体操を行ったりする事で痛みの対策を行います。


Webお問合わせ

電話する
TOP