腰椎椎間板ヘルニア

Webから
お問合わせ

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアとは

背骨は椎骨という骨が一つ一つ積み重なってできています。その椎骨と椎骨の間に椎間板と呼ばれるクッションがあります。水分を多く含んだゼラチン状の髄核とそれを取り巻く繊維輪という軟骨組織にて椎骨にかかる圧力を和らげています。しの椎間板が椎骨から脱出し脊髄を圧迫することにより起こる炎症で痛みや痺れなど様々な症状を起こします。ヘルニアとはあるべき部位から脱出した状態を意味します。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

パソコン作業や家事、清掃、運搬作業など長時間前かがみの姿勢を取り続ける事やスポーツなの激しい動作の繰り返しが腰に相当な負荷をもたらしその原因となります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰痛や片側の足の痛みや痺れ、尻から脚の裏側に痛みが走る坐骨神経痛の症状があらわれます。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

矯正療法にて骨や体のズレに整体・マッサージにて筋肉や体の歪みにアプローチします。また、はり灸にて白血球を痛みの原因部分に集めることで自然治癒力を上げる事でヘルニアの回復を早める事が可能です。

腰椎椎間板ヘルニアの予防方法

ストレッチや体幹トレーニングなどを行い、インナーマッスルを鍛えることで痛みやしびれを改善することが可能です。


Webお問合わせ

電話する
TOP