ガングリオン

Webから
お問合わせ

ガングリオンについて

ガングリオンとは

ガングリオンとは腱鞘、靭帯、関節包から生じる良性の嚢腫様腫瘤である。嚢腫とは一般に袋状の腫瘤のことで、内容は液体であることが多いが、そのほかにゼリー状物質、あるいは粘土状、泥状といった無構造の物質が貯留している。嚢腫は自律性に増殖する能力を有する「真の腫瘍」ではない。

疫学としてのガングリオン

10〜30歳の比較的若い女性に好発し、好発部は手関節背側である。手に発生する腫瘍ないし類腫瘍のうちでもっとも頻度が高い60〜70%を占める。

ガングリオンの成因と病態生理

ガングリオンは、手関節背側にもっとも多い。また、手関節掌側、手指の中手指節(MP)関節屈筋腱鞘上、足背にも好発する。発生母地は人体、腱鞘、関節包などが大部分であるが、まれには神経内部、半月板、それに骨内から発生することすらある。
発生原因に定説はないが、関節包あるいは靭帯周辺の滑膜細胞、間葉細胞、繊維芽細胞などが、繰り返される外傷、使い過ぎの刺激が誘因となって粘液を産生し、小嚢胞となり、これらが集合して嚢腫を形成するといわれている。

ガングリオンの症状

腫瘤の存在そのものが症状の第一番目である。一般に移動性の少ない弾性軟の皮下腫瘤として触知する。腫瘤自体の痛みはほとんどないが、腫瘤によって神経や周辺組織が圧排されると痛みを生ずる。ことに手関節背側の潜在性ガングリオンは原因不明の手関節痛の原因であることがある。また、手根管症候群など紋扼性疾患の原因になっていることがある。

ガングリオンの診断

通常のガングリオンであれば好発年齢、好発部位、腫瘤の形状から診断は容易である。注射針で試験穿刺して、オイル状ないしゼリー状の内容物を確認すれば診断は確定する。しかし、半月板やときに骨内にあるような否定形、潜在性ガングリオンなどの診断はむずかしい。このようなケースにはMRI撮影が有用である。

ガングリオンの治療

元来、良性の疾患であるので放置してもよいし、自然に消退することもある。美容上問題である場合、有痛性である場合、神経圧迫症状がある場合などに積極的治療の適応となる。

保存的治療

(a)はり灸適応。
(b)上述のように穿刺して、内容物を吸引する。全部吸引できないときには指圧で残存内容物を圧出する。そのあとに弾性包帯などで圧迫することもある。再発しやすいが、手軽な手技なのでそのときは同じことを繰り返しているとそのうち再発しなくなる。

観血的治療

再発を繰り返す例、疼痛のあるもの、大きくて心理的に耐えがたいものは摘出術を行う。手術のさいには嚢腫部だけを摘出すると再発率が極めて高い。茎部を確認し発生母地の関節包、靭帯部から切除する。指屈筋腱腱鞘発生のものは腱鞘を含めて摘出する。神経・血管の近くから発生していることがあるのでその温存に留意する。

ガングリオンの予後

一般に良好。手術適応例では、摘出術が不十分だと再発率が高い。腫瘍類似疾患であり、悪性化することはない。


Webお問合わせ

電話する
TOP