足のしびれ

Webから
お問合わせ

足のしびれについて

足のしびれとは

しびれの多くは、主に神経が圧迫され、何らかの原因で神経が障害された時に起こると考えられます。神経には末梢神経といって脊髄から出て手や足など体に走っている神経があり、この走行の途中のどこかの部位で圧迫または障害を受けるとしびれが生じます。例えば足ならばヘルニア等の圧迫により障害を受ける事が知られています。とくに多く阻害される場所は腰椎から下腿への途中が考えられます。ただし、末梢神経ばかりではなく、ときには脳梗塞など中枢神経の病気で起きることもありますので、気をつけなければなりません。椎体の圧迫骨折、脊椎腫瘍、梨状筋症候群など、骨性・筋膜性などによる圧迫、ほかに引き抜き損傷や外力による神経断裂などにより足のしびれが出現します。

足のしびれの治療方法

原因を探っていき、中枢神経の障害かどうかの判別をして、その疑いがあれば病院にかかって医師に診てもらうよう進めます。しびれがずっと同じところにあって、なかなか消えなかったり、しびれの程度が強くなったり、範囲が広がるなどしたら要注意です。整形外科等を受診されることをお薦めいたします。


Webお問合わせ

電話する
TOP