頚椎椎間板ヘルニア

Webから
お問合わせ

頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニアとは

椎間板は髄核とそれを囲む線維輪からなっているが、線維輪の抵抗が弱くなったり断裂するなどによってゲル状の髄核が抵抗の弱い部分に脱出する。髄核が脱出したり、線維輪の一部を後方や後側方に突出させて神経後根や脊髄を圧迫することによって、疼痛、知覚障害、脱力などを生じる。

頚椎椎間板ヘルニアの原因

転落、交通事故などの外傷によるものが多い。

頚椎椎間板ヘルニアの症状

首から下、特に手に痺れが出たり首自体の痛み。一部内臓への悪影響を及ぼす可能性があります。

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

初期はカラーなどで首を固定します。その後、整体やはりなどで骨のズレや筋のこわばりを改善していきます。

頚椎椎間板ヘルニアの予防方法

日頃から悪い姿勢を避けること、交通事後に合わないことを心掛けましょう。


Webお問合わせ

電話する
TOP