野球肘・テニス肘

Webから
お問合わせ

野球肘・テニス肘について

野球肘・テニス肘とは

肘から前腕にかけての痛み、肘関節の屈曲・伸展がしずらくなる可動域制限が出ることもあります。肘の内側の痛みを内側上顆炎、肘の外側の痛みも外側上顆炎といい、一般的には内側を野球肘、外側をテニス肘といいますが、テニスのバックハンドの動作で肘の外側が痛み、フォアハンドで肘の内側に痛みがでます。

野球肘・テニス肘の原因

最近ではスマートフォンを長時間使用することによって起こるスマホ肘と呼ばれることもあります。

野球肘・テニス肘の症状

例えばテニスプレーヤーがバックハンドストロークのボールインパクトでラケットに加わる衝撃が前腕の伸筋腱付着部にストレスを生み出します。この反動により、前腕の伸筋腱付着部に軽度の断裂や炎症が生じて、バックハンドストロークの度に痛みが出る。バックハンドストロークを打つときのみ痛みを感じる程度から、ただラケットを握るだけ、日常生活の中で鍋や包丁を握っても痛むこともあります。圧痛は総指伸筋と短橈側手根伸筋の付着する上腕骨外側上顆にみられ、手関節抵抗を加えながら伸展させると肘の外側に痛みが走ります。また、フォアハンドストロークでは、前腕の回内屈筋群の腱付着部である上腕骨内側上顆付近(肘の内側)に断裂や炎症が生じて圧痛や痛みを生じます。

野球肘・テニス肘の治療方法

まず局所の炎症を抑えることが必要なので、急速とアイシングをして炎症を鎮めて痛みをとっていきます。また、その痛みのために腕や手が使えないので頸部や肩の筋が過緊張を起こしたり、痛みを出すこともありますので、肘の治療と同時に頸部や肩の治療も行なっていきます。

野球肘・テニス肘の予防方法

テニスや野球、その他原因となることを行なう前と行なった後に肘から肩までのストレッチングを行ないます。場合によっては手首や指の方までストレッチを行なうと良いでしょう。また、異常を感じたらプレーをやめてアイシングを行なったり、休息をとるようにして腕を休ませましょう。また、マッサージやはり灸治療で血液循環を良くするのも良いでしょう。


Webお問合わせ

電話する
TOP