ぎっくり腰(急性腰痛)

Webから
お問合わせ

ぎっくり腰(急性腰痛)について

ぎっくり腰(急性腰痛)とは

ぎっくり腰 = 急性腰痛症 は急激に起こる腰痛の名称であり、正式な疾患名ではありません。痛みの表現も「電気が走った様な」「刃物で切られたような」「針を刺したような」「骨がきられるような」といった具合に人それぞれです。日頃、私達がよく聞く、椎間板ヘルニア 変性すべり性脊柱骨挟窄などのような正式ば診断名が付く腰痛はほんの一部にすぎず、MRIや診察などからは全く異常が認められないのにもかかわらず痛みを訴える原因不明の非特異的腰痛が全体の8割以上を占めております。

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因

背骨や椎間板などの異常が原因の脊柱性、脊椎内部の異常が原因の神経性、血管の障害が原因の血管性、そして心因性とおおまかに分類されます。

ぎっくり腰(急性腰痛)の症状

尻や足に痛みや痺れが起こり、症状が重い場合は歩行困難となります。来院される方の多くが神経圧迫が筋肉の疼痛により、腰部・臀部から足にかけて力が入らないケースが多く見られます。また、由来の疼痛の場合、悪心嘔吐発熱が認められたり(腎盃腎炎)排尿困難が認められたり(腎結石症や前立腺炎)不正出血が認められたり(婦人科疾患)と痛み以外の微候が認められるのが特徴です。

ぎっくり腰(急性腰痛)の治療方法

重いぎっくり腰は様々な原因が考えられるので、早い段階で原因を絞り込み、整体療法、姿勢療法、はり灸、カイロプラクティックなどによりしっかりと痛みを取り除き正常に動かせるように施術していきます。また、痛みが強いうちはサポーターで固定することで動きに制限をかけ、関節の安定性をはかることで痛みを軽減することが出来ます。症状に応じてストレッチや体操等を行っていただくことにより再発防止を目指していきます。

ぎっくり腰(急性腰痛)の予防方法

ストレッチなどの体のメンテナンスを欠かさない事。違和感や痛みがあったら、すぐに来院していただく方がよろしいと思います。


Webお問合わせ

電話する
TOP