単純性股関節炎

Webから
お問合わせ

単純性股関節炎について

単純性股関節炎とは

5〜8歳の子どもで朝起きた時に急に脚が痛くて歩けないなど、突然に股関節の痛みが生じます。

単純性股関節炎の原因

風邪などの後に起こることが多いですが、根本的なことは不明とされています。

単純性股関節炎の症状

股関節の痛みがあり、関節を動かすと特に痛がります。歩くときは痛みのために脚を庇って引きずります。

単純性股関節炎の治療方法

痛みがあるうちは歩かないよう指導することがあります。股関節の調整をして、足回りの筋の強張りを施術していきます。

単純性股関節炎の予防方法

痛みが出たら休ませることが1番の予防になります。


Webお問合わせ

電話する
TOP