四十・五十肩(肩関節周囲炎)

Webから
お問合わせ

四十・五十肩(肩関節周囲炎)について

四十・五十肩(肩関節周囲炎)とは

「上衣を着ることができない」「髪を梳かすことができない」などの典型的な症状を訴える。40代から50代の人に現れやすい。筋肉ではなく、関節に問題が生じたことによる症状で通常の肩こりとは異なり、肩関節を動かすことで激しい痛みが生じる。肩関節周辺の組織変性が起こり生じた炎症によって痛みが起こる。突然痛みが発生する「急性期」と動きが制限される「慢性期」に分けられる。

四十・五十肩(肩関節周囲炎)の原因

肩インナーマッスルの肩板の炎症、肩板の断裂、肩いたの動きを助ける滑液包の炎症、肩板の筋膜や腱の癒着等が原因で起こりやすい。また、それらは肩の使いすぎ、逆に肩の使わなすぎで発生する。

四十・五十肩(肩関節周囲炎)の症状

急性

ある日突然、腕を動かした時に肩に鈍い痛みが発生するのが典型的なパターン。

慢性

鋭い痛みから鈍い痛みへと変動する。可動域が狭くなり、上げたり後ろに回す動きが困難になる。痛みを怖がり、動かさないことで組織の癒着が起こり拘縮し、痛みが長引く。

四十・五十肩(肩関節周囲炎)の治療方法

マッサージやはり灸で炎症や癒着を減らし、運動の指導をしていく。

四十・五十肩(肩関節周囲炎)の予防方法

肩を使って痛みが出たら、アイシングしたり日常から肩を使いすぎず、程々に使うこと。


Webお問合わせ

電話する
TOP